最初の画面】 【会社名別】 【スペクトリス(株) BTG事業部への資料請求 科学カレンダー(理工系)学会と展示会のカレンダー

スペクトリス株式会社 BTG事業部

スペクトリス株式会社 BTG事業部


スペクトリス株式会社
BTG事業部
〒101-0048
東京都千代田区神田司町2-6 司町ビル2F
代表 TEL.03-3255-8152 FAX.03-3255-8155
連絡先:長谷川(TEL.03-3255-8164) まで


■ ■ ■ ■ ■ ■ ■  製品案内 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

1.ラボ製品

2.オンライン製品

3.その他

4.お知らせ

- - - - - - - - - - - BTG事業部のあゆみ - - - - - - - - - - -
BTG社はその革新の源流を1921年の北欧スウェーデンにまで遡ります。 BTG社の前身であるチェレーレギュレータの創始者であるトルステン・チェレーは、紙パルプ産業用プロセス測定器を開発し、20世紀初頭には既に世界的マーケットを確立しておりました。その後、パルプ濃度計を中心とした高い品質をめざす同社の技術開発により、近年の大型マシンに対応できる各種のセンサーを発表し、顧客の幅広いニーズに対応できる体制を整えました。 1980年には同社製紙塗工部門にて塗工用ブレードの長寿命化プロジェクトに着手し、3年後の1983年にセラミックブレード(DUROBLADE)を開発、その生産・販売を開始しました。その後、同ブレードは現在に至るまで世界中の塗工機において、生産効率および品質改善・向上の実現できる優れた製品として、高い評価を受けております。 2001年にはドイツMuetek社がBTGグループに加わり、新たにウェットエンドプロセスの最適化技術を提供できる体制を形成致しました。Muetek製品の中には、紙・パ分野だけでなく全産業でも応用できる粒子電荷計PCDとゼータ電位計SZP、さらには薬剤の歩留まりや凝集性を評価できるDFRや繊維分析計(ラボ用とインライン用)Morfitrac等があり、最近多くの分野で実績があります。

取扱品目:
BTG社は、産業用プロセス測定器(インライン濃度計(回転式、ブレード式(静止型、可動式、振幅式の3タイプ有り)、光学式、マイクロ波式があります)、インライン粘度計等)、塗工用ブレード、ウェットエンド解析・プロセス最適化製、ラボ分析機器等を製造、販売しています。特に、インライン粘度計は、紙パルプ分野だけでなく、全産業で応用利用できます。(多くの分野で使用される塗工液や食品工場の各種工程液の粘度測定に最適です)また、光学式の濃度計は、メンテナンスが非常に簡単で、全産業で応用できます。回転式濃度計は、BTG社が世界で最初に開発した濃度センサーで、紙パルプ産業だけでなく、廃水処理の汚泥(スラリー)の濃度測定にも利用されています。ブレード式はタイプが3種類有り、用途に合わせて選択できます。
ラボ分析機器は以下の通り
  1. ゼータ電位計
  2. 粒子電荷計 (本測定原理は、BTG社(Muetek社)が世界で最初に開発したものです)
  3. 濾水度・フリーネス・自動リテンション測定器(薬剤添加での凝集性の分析・評価に最適です)
  4. 繊維分析計(ラボとオンラインの両方があります)
  5. 紙の濡れ伸び測定器 (表裏を区別して、精密なシートの濡れ伸びを分析できます)
  6. シート(布、紙など)の表面及び内面のサイズ度測定器/ (シートへの液の浸透挙動を超音波で詳細に測定できます)

 

*keyword*