最初の画面】 【会社名別】 【(株)サーモ理工への資料請求 科学カレンダー(理工系)学会と展示会のカレンダー

株式会社サーモ理工のホームページへ >>

株式会社サーモ理工


株式会社サーモ理工
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀8丁目7番3号 三鷹ハイテクセンター
TEL.0422-76-2511 FAX.0422-76-2514

登録カテゴリー

赤外線導入加熱装置 目的および用途
◆真空チャンバーに取付 ・真空チャンバーに赤外線導入加熱装置を取付けたい。
◆分析装置や試験装置に取付 ・石英炉心管内で試料を加熱したい。
・真空中で試料を加熱したい。
・ガスフロー中で試料を加熱したい。
◆大気中での試料加熱 ・急速に温度を上げたい(RTA)。
・急速冷却
・昇温速度、降温速度、高温保持時間を制御したい。
・非接触で加熱したい。
・温度勾配をつけて試料を加熱したい。
・均温加熱を重視したい。
・簡単に操作できるシステム品が欲しい。
・加熱中に観察したい。
・ピンポイントで1点を試料加熱したい。
・特定の方向から試料を加熱したい。
・熱衝撃試験
・磁場中で試料を加熱したい。
・加圧雰囲気中で加熱したい。
・放出ガスや電磁波の影響を与えず加熱したい。
◆荷重状態の試料を加熱 ・熱源からガス発生させずに試料を加熱したい。
・非接触で温度測定。
・超高真空中で温度測定。

赤外線導入加熱装置 装置種別
◆赤外線導入加熱シリーズ GVシリーズ
超高真空中やガスフロー中等、各種雰囲気中に設置された試料のみに、
ピンポイントで赤外線を照射し、非接触で試料を急速加熱ができます。
真空システムや分析装置に、簡単に取り付け出来ます。
◆大気用赤外線導入加熱装置 GAシリーズ
石英ロッドの先端より、赤外線ビームを試料に照射・昇温します。
照射方向は、上向き・横向き・下向き・斜め等、360度可変できます。
◆赤外線真空炉 IVFシリーズ
真空・各種ガス雰囲気での高温アニール装置で、赤外線加熱による急速昇温、
クリーン加熱が簡単にできます。赤外線放射部、真空チャバー、プログラム
温度制御器、安全装置で構成した卓上型赤外線真空炉です。
真空チャンバー型と石英管フランジ型があります。
◆超高温スーパーRTA装置SRシリーズ
独自の赤外線加熱技術の採用で1800℃まで、わずか30secで急速昇温試験が
行えます。1800℃の超高温急速昇温を、消費電力2kWで実現。
超高温モデルながら、熱による炉心管へのダメージを最小限に抑える構造を
採用しています。
◆赤外線放射加熱器 IRシリーズ
赤外線を試料へ照射し、非接触で高温に加熱できます。
大気中での簡単な昇温試験に使用できます。
◆均温熱処理装置 GFシリーズ
優れた均温特性を持つ管状炉です。炉長の約7割が均一な温度になりますので、
大きな試料や複数の試料を同時に処理できます。試料に合わせてホルダーを
カスタマイズできます。(オプション)
◆制御機器
赤外線加熱装置や電気炉に最適な温度制御器です。
高機能プログラム温度制御器から低価格定値温度制御器まで各種あります。
◆周辺機器
サーモ理工の熱処理装置向けオプションを多数準備しています。
・全圧型真空計
・高真空排気装置
・冷却水循環装置
・温度センサー
  移動式温度センサー(熱電対)
  赤外線温度センサー


*keyword*