[新製品コーナー目次へ]
[英弘精機(株)への資料請求]

資料請求番号 NEW1248

英弘精機がWindCube® の機能アップデートを発表
業界標準の風力エネルギー用垂直プロファイリングライダーの機能が向上

英弘精機株式会社(東京都渋谷区)は3月2日、市場で最も高精度で柔軟性が高い風況測定技術を備えたライダーシステム WindCubeの日本総代理店として、 メーカーであるフランスLeosphere社(Vaisalaグループ)が新たに開発したプレミアムサービスやターンキーオプション、および更なる測定機能を向上したWindCubeを日本で提供すると発表しました。

より高度な測定機能と比類ないサービス一連を備えたWindCubeは、航空気象や気象観測、洋上及び陸上設置型の風力タービンやそれらに関連するプロジェクトを含む風力エネルギー産業で最も信頼され、 広く使用されているライダーシステムです。

 

WindCubeの最新機能と強化された機能は以下の通りです。
革新的な新アルゴリズム
このシステムは、信頼性を向上させながらも不確かさを低減し、独自のハイブリッド方式で水平風速、風向算出アルゴリズムを組み込んでいます。 これにより、IEC規格を完全に満たした新たな風の再構築方法を分類しました。

風の観測高度を拡張し、より多くの高度での同時測定を実現
WindCubeは、最高300m までの高さで20 高度を同時計測することにより、陸上および 洋上の最大級の風力タービンの風況を優にカバーし、風力資源の計測においてより正確で信頼性の高いデータを提供します。

業界標準に順守
WindCubeは、IECクラスに分類され、市場最高の業界標準に準拠していることが、Deutsche Windguard社によって検証されています。

サービスの向上
Leosphereの認定を受け資格を持った英弘精機のエンジニアによる現場修理が可能となる、新たなプレミアムサービスをご利用いただけます。 装置のダウンタイムを削減し、ライダー運用の継続性を維持します。

ターンキーオプション
近日中に追加される予定のオプションにより、装置の導入と運用を簡素化できるお手頃価格の新しいオプションを提供します。


【本製品に関する詳細は、こちらをご覧ください。】
記載内容は掲載時点のものでその後変更されている可能性があります。

掲載日: 2021.03.4

[英弘精機(株)への資料請求]